置き換えダイエットの盲点抗生物質摂取は太る原因に

置き換えダイエットの盲点抗生物質摂取は太る原因に

ちゃんとカロリー制限で置き換えダイエットもして運動もしているのに体重が増えて仕方ない、もしかしたらそれは感染症予防に服用している抗生物質が原因かもしれません。管理人も先日親知らずの抜歯を行い暫く感染症予防に抗生物質とヒスタミンを常用するようになりました。そうしたらなぜか体重が変わらないような通常の食事をしているのに体重が増え続ける結果に。もしやと思い調べたところ服用している抗生物質が太りやすい原因になる可能性があるようです。

 

抗生物質が太るのは科学的にも立証されていた

ニューヨーク大学の教授であるMartin J. Blaser 博士は、赤ん坊のマウスに抗生物質を投与すると脂肪の獲得量が約2倍になるこという科学的実験の結果が出ています。こちらはマウス実験による結果ですが、近年ではこの原因は抗生物質の副作用腸内細菌がほとんどなくなっていることによる弊害と考えられています。

 

腸内細菌と太る関係

腸内細菌には、必要のないものを溜め込んでしまう「デブ菌」と、健康な体をつくるために働く「ヤセ菌」(バクテロイデーテス)という2つの菌群に分けられており、一般的に痩せやすい体質の人はいわゆる痩せ菌バクテロイデーテスを多く腸内に保有しています。しかし、病気や怪我の治療の一環で抗生物質を摂取する機会が長引くとこのバクテロイデーテスも腸内から死滅してしまい結果として太りやすい体質になってしまいます。

 

痩せるための腸内環境を改善する方法

抗生物質により一度破壊されてしまった腸内環境をまた痩せやすい正常な状態にするには食事による腸内環境改善が一番です。特に乳酸菌を多く含む食品を多く摂取することが重要となります。納豆、ヨーグルト、チーズ、ぬか漬け等です。乳酸菌発酵食品は日常の置き換えダイエットにも是非とも摂取しておきたい食品なので抗生物質を摂取していない時でも毎日食べておきたい食品です。食べるのが面倒な方は乳酸菌サプリやヤクルト等の乳酸菌飲料でも問題ありません。

 

置き換えダイエット中なかなか痩せない方にも乳酸菌は有効

腸内環境を良くすることは便秘改善や痩せやすい環境を得られる他、免疫機能の向上、メンタル面でもポジティブになりやすいという科学的データもあります。置き換えダイエット中どうしても結果が出ないという方は通常の食事で乳酸菌を多く含まれる食事を増やすしてみるのもよいかもしれません。

私管理人トモヨが簡単に置き換えダイエットに成功したアイテムとは!

  • 直ぐに痩せたと実感できた!
  • ダイエット中の肌荒れも調子の悪さも無し!
  • 一週間あれが痩せる効果がすごい
短期で直ぐにキレイに痩せたい私のように見違えたいそんな方はベルタ酵素がオススメ管理人の私も保証します!

ベルタ酵素公式サイトはこちら