強烈な食欲を抑えられないのを改善するのが置き換えダイエットの目的

強烈な食欲を抑えられないのを改善するのが置き換えダイエットの目的

ダイエット中どうしても食欲が抑えられず、途中で挫折してしまいドカ食いをして、せっかく減らした体重も元通り。
そんな苦い経験ありますか?ダイエット中急に襲ってくる強烈な食欲、これがダイエットを失敗してしまう原因です。
ではこの強烈な食欲なぜ襲ってくるのか、そのメカニズムと対策方法、置き換えダイエットの目的について説明します。

 

強烈な食欲はドーパミンによる脳内麻薬による作用

通常の置き換えダイエットを行う場合、一日のうちどれかを低カロリー食にする方法です。
たとえば、普段はラーメンやパスタを昼常食されている場合、置き換えダイエット食品にするという方法です。
この方法の場合、残りの二食は通常食ですが、怖いのが白砂糖や炭水化物を摂ると脳のA10神経系というところが刺激され出る脳内物質のドーパミンが分泌されます。
このドーパミンの作用は強い快感をもたらしてくれることです。これはコカインなどのドラッグを服用したときと同様の刺激であり、コカインと糖質というのは同じ脳の回路を使用しているのです。
つまりは、昼に糖質を中途半端に抑制する、夜、今まで満たされていたドーパミンが出なくなり夜満たされたい!と過剰に食べてしまう。
数日間過剰な食事制限をする、ドーパミンの快感が忘れられず、それが一気に爆発してドカ食いをしてしまう。
このようなドーパミンの分泌を求めるため強烈な食欲となりリバウンドをしてしまい貴方のダイエットが失敗してしまうのです。

 

置き換えダイエットの目的とは糖質を求めすぎるドーパミン回路を正常に正すため

糖質を得ることによって分泌されるドーパミンによる快感を得るために常に食べ続けてしまう。これが太ってしまう原因です。
この因果を改善するための方法が置き換えダイエットです。
ある意味糖質中毒となってしまった脳内環境を正常に正し、ちゃんとした食生活を維持できれば必ずやせることができます。
まずは糖質に依存しすぎた食生活を変えていくこれが置き換えダイエットです。

 

強烈な食欲を抑えるドーパミン目的の糖質中毒となった回路を正して痩せる方法

まずは、自分の食事状況を振り返ってみてください。太る人の多くはそんなに食べていないのに…と感じるかもしれませんが、明らかに炭水化物ありきの生活となっています。
この炭水化物ありきの食事をカットします。主食は食べない、糖質が多く含まれるおやつは食べない、糖質を含む飲料は飲まないということです。
定食であればご飯は抜く代わりにおかずを満足するまで追加する、おやつはチーズやナッツなど、飲料は糖質0に、代謝を良くするための酵素を摂取。
はじめのうちは脳が糖質を求めてとにかく食べろ食べろと指令を出してくるため食べても食べても満たされない気持ちが続きます。
ここで糖質は食べず、とにかく糖質を含まれていないものを満足するまで食べてください。太ると思うかもしれませんが、糖質中毒となっている脳の治療と思って下さい。
とにかく食べたいという衝動は抑制せず、食べましょう、くれぐれも糖質を含むものを食べないで下さい。
おおよそ3日〜1週間位すると、食べたいという衝動も減り、食べる量も適量となってきます。つまり少量だけ食べても満足するように感じてしまいます。
今まで常に食べたい食べたい!という強烈な衝動が嘘のように減り、その時点で体重も減っていきます。

 

強烈な食欲を抑制する置き換えダイエットの効果

この時点で糖質依存から開放され、自身の体重の減少に驚くと感じます。
一番の驚きというのは、食べたいという強烈な食欲が今までより無いということです。大抵の失敗の原因は我慢して我慢して爆発してどうせ私なんてというのが失敗の多くの理由です。
このしがらみから開放されることにより強烈に痩せやすい体質と生まれ変わります。
この方法が置き換えダイエットなのです、一週間は糖質依存から脱却するために今は太ってもいい!という感じでバリバリと食べて依存から回復してください。
その際、必要な栄養素、代謝力をアップさせるためにも酵素は摂取しておいた方がよいでしょう。

私管理人トモヨが簡単に置き換えダイエットに成功したアイテムとは!

  • 直ぐに痩せたと実感できた!
  • ダイエット中の肌荒れも調子の悪さも無し!
  • 一週間あれが痩せる効果がすごい
短期で直ぐにキレイに痩せたい私のように見違えたいそんな方はベルタ酵素がオススメ管理人の私も保証します!

ベルタ酵素公式サイトはこちら