置き換えダイエットで痩せない人の原因と解決方法

置き換えダイエットをして食事制限しているのに痩せないその理由とは

置き換えダイエットを行い、朝昼夜のどれかを置き換えダイエット食品にしてカロリー制限をしているのにちっとも体重も体脂肪も減らない…。
そんな人もいるかもしれません。そんな置き換えダイエットで痩せない人の原因と解決方法をアドバイスします。

 

 

置き換え買えダイエットで痩せない原因まとめ

夜に食べ過ぎる

朝、昼置き換えダイエットを行い夜はしっかり食べるという食生活を行うと摂取カロリーは低い割りに脂肪として蓄積される割合が高くなります。
この理由は簡単で、夜は比較的活動量も低く、摂取した食事分だけ脂肪としてつきやすいようになります。

 

インスリンの分泌が過敏

インスリンとは、血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込みエネルギーとして利用したり、蓄えたり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりする作用があります。
人によってインスリンの分泌が過剰な人は糖分を一般の人と同様な量を食べてしまうとインスリンの働きが過剰に働き多く脂肪として蓄えるように働きます。
これは先祖代々飢えから凌ぐためのDNAの影響もあります。

 

服薬

服薬している薬の副作用で太りやすい作用がある場合もあります。
こちらも糖分を過剰に蓄える働きが作用し、脂肪がつきやすくなる場合があります。

 

食事の割合が炭水化物中心

置き換えダイエットを行っていても通常で食べる食事の割合が炭水化物中心の場合痩せにくいことがあります。
これはインスリンの分泌が過敏だったり炭水化物は中性脂肪に変換しやすい性質があるためです。

 

腸内環境が悪い

腸内環境が悪いと、便が溜まりこの溜まった便がインドール、スカトール、硫化水素、アンモニアといった毒素を排出し肝臓で解毒せざるを得なくなります。
肝臓の機能が低下すると身体の代謝に回らず毒素排出作用がメインの働きとなってしまい、食事として取り込んだ栄養素は脂肪として蓄積しやすくなります。

 

置き換えダイエットで痩せないための解決方法

夜こそ置き換えダイエットを行う

夜は消化吸収が良く、脂肪がつきやすいので夜こそ置き換えダイエットにするべきです。
どうしても夜なにか食べないと空腹で眠れないという場合は、糖質を控え、たんぱく質を中心とした食事であれば痩せやすくなります。

 

通常食の食事バランスをたんぱく質量を多くし糖質を減らす

太る原因は近年、血糖値が高くなると中性脂肪の合成が促され太りやすいというデータがあります。
そのため食事は血糖値の上昇を緩やかにしながら食事を行うのが良いでしょう。血糖値を緩やかに上げる食事方法にベジファーストと言われている野菜からまず食べるという方法があります。
また、主食の割合を減らし、おかずの量を多く食べることによって血糖値の上昇を抑えることもできます。

 

腸内環境の改善

腸内環境を正常化することによって、代謝力をアップさせ脂肪の燃焼を正常に働かせます。腸内環境を良くするには発酵食品、特にヨーグルトを毎日食べ善玉菌を増やす事が良いとされています。

 

置き換えダイエットで痩せない人の原因と解決方法まとめ

置き換えダイエットをしてもどうしても痩せない人はまずは、夜の食事量を減らしてみてください。
また、食事内容はたんぱく質中心に、腸内環境を良くするためにヨーグルトを毎日食べてみてください。

私管理人トモヨが簡単に置き換えダイエットに成功したアイテムとは!

  • 直ぐに痩せたと実感できた!
  • ダイエット中の肌荒れも調子の悪さも無し!
  • 一週間あれが痩せる効果がすごい
短期で直ぐにキレイに痩せたい私のように見違えたいそんな方はベルタ酵素がオススメ管理人の私も保証します!

ベルタ酵素公式サイトはこちら