置き換えダイエット停滞期の乗り越え方

置き換えダイエットを続けていて順調だった体重も急に減らなくなってきてしまった。

ずっと体重減らずに辛い行為を続けていくの?いつになったら体重が減るの?そんな置き換えダイエット中の停滞期の原因や乗り越え方についてアドバイスします。

 

置き換えダイエットでの停滞期の原因

  • 身体の慣れ
  • 体内の水分量が多い(むくみ)

以上の二点が上げられます、特に置き換えダイエットを継続して行っているとおおよそ三週間あたりで身体が置き換えダイエットの生活に慣れてしまい、体重が減りにくくなってしまいます。
これは置き換えダイエットの食事で身体的に十分栄養が回るようになってしまうエコ型の体質に変化したということです。
もうひとつあげられるのが置き換えダイエット中空腹を紛らわすために水分を余計にとりがちになります。そのため脂肪量は減っても体水分が増えており体重が増えて見えるように感じることがあります。

 

置き換えダイエット停滞期を乗り越える方法

置き換えダイエットを行う上で必ずぶつかる停滞期、主な原因は身体の慣れですが、これを感じさせず効率的に置き換えダイエットを成功するにはどうしたら良いのかアドバイスします。

 

チートデイを設ける

チートデイというのは、置き換えダイエット中でも週に一回はダイエットを関係無く好きな物をなんでも食べても良い日を設けることです。
チートデイを設けることにより置き換えダイエットが日常的なものでは無いと身体に感じさせることによって置き換えダイエットが効率よく行えることができます。
ある程度身体が慣れていると、チートデイで好きなだけ食べても体重が一切変わらなかったという結果もあります。また体重の減少幅が大きくなったという感想もあります。
しかしくれぐれも食べ過ぎには気をつけておきたいところです。

 

運動を取り入れる

食事制限だけのダイエット方法ではどうしても基礎代謝と日常生活の消費カロリーだけに頼ってしまい、ダイエット効果はある程度までは可能ですが、さらに痩せよう、キレイになろうと思うのであれば運動を取り入れたいところです。
停滞期に運動を取り入れることにより置き換えダイエット中の停滞期の消費カロリーをさらに増やすことができ、しかも適度な筋肉痛は身体の再生を促すため消費カロリーも増やせる効果があります。
また、身体を動かさないより、活動をしていた方が空腹を感じることが減るため辛い気持ちも減ります。
ある程度筋肉をつけることにより基礎代謝の向上やスタイルアップ、メンタルの改善にも効果があります。

 

置き換えダイエット食品を変えてみる

置き換えダイエット中、常食している置き換えダイエット食品が常に同じような食品だとどうしても代わり映えせず身体が置き換えダイエットに慣れてしまうことがあります。
そこで、置き換えダイエット停滞中だなぁと感じるようであれば、別タイプの置き換えダイエット食品にしてみることも必要です。
身体に慣れさせないということが停滞期を乗り越える方法です。スムージータイプを普段使用しているのであればドリンクタイプに、ドリンクタイプならシェイクタイプにと、適度にローテーションを組むのがおすすめです。

私管理人トモヨが簡単に置き換えダイエットに成功したアイテムとは!

  • 直ぐに痩せたと実感できた!
  • ダイエット中の肌荒れも調子の悪さも無し!
  • 一週間あれが痩せる効果がすごい
短期で直ぐにキレイに痩せたい私のように見違えたいそんな方はベルタ酵素がオススメ管理人の私も保証します!

ベルタ酵素公式サイトはこちら